モビットでの金利の評判をご紹介

モビットの金利は高いのかそれとも低いのか、その評判はどのようになっているのでしょうか?カードローンやキャッシングに申し込みをする方は、金利をしっかりと確認することになるでしょうが、モビットは利用者にとって安心できる金利なのでしょうか。
モビット 審査クチコミなどから確認してみましょう。「モビットは銀行系の消費者金融なので法外な金利を払わされることもないので、安心して申し込めました。1年ぐらい利用した後に、増額ができて金利も下がったのでお得に使えていると思います。」
「消費者金融のカードローンなので、絶対に金利が高いと思い込んでいました。でも他のローンと比較しても金利が高いと感じたことはなかったですね。銀行カードローンでも全く変わらない金利のものもたくさんあったので、すぐに使えるモビットに決めました。」
「カードローンやキャッシングでは金利が心配と思っていたのですが、今は貸金業法という法律でしっかりと利用者が保護されているのですね。モビットは金利が低いとまず感じたのと、申し込み方法に便利なものがあったので迷いませんでした。提携ATMがとても多くて借りやすいというのも気に入っています。」
「最初はちょっと金利高くないかなあ、と気になりました。しかし、モビットは使った日数だけ利息計算して返済できるということでした。別に30日間の利息を払わなくても、お金がある時に返してしまえばとってもお得になるのです。お財布の中身が不安な時に友達からの誘いなどを断らなくてよくなりました。」

点数付けされる属性審査

審査で判断される項目に属性スコアリングと信用情報があります。
ここでは属性スコアリングについてご説明しましょう。
各属性には点数がつけられます。
その点数は各カードローンによって違いがあるものの審査の基準としてはおおむね変わりがないでしょう。
それには個人ではなく、かつてその銀行を利用してきた多くの方の実績で左右されているとされています。
例えば大企業の正社員よりも公務員の返済実績が高いとなれば公務員という属性の点数が高いことになります。
点数とはつまり評価です。
評価が高ければ審査に良い影響を与えることになります。
それでは属性にはどのようなものがあり、どのように評価されているのかを細かく見ていきましょう。
属性の重要度順にみていきます。
まずは最も重要度の高い年齢から確認していきましょう。
・年齢
実際の利用者は30代男性が最も多くなっています。
銀行カードローンの利用者ターゲットも20代後半から30代です。
年齢が若いことで返済をするための方法が多くなることももちろんです。
そして収入は年齢が高くなると多くなる傾向にありますが、支出は若い年齢の方が少ないものです。
返済をしていくためには収入も重要ではありますが支出金額が少ない方が返済額の確保がしやすくなります。
そのため年齢が若い方が属性としては有利になっています。
また、もう一つ重要になるのは家族構成です。
年齢が上がるにつれ家庭を持っている確率が高くなり子供の成長に合わせて大きな金額が支出として用意されることがわかります。
独身で家族と同居しているときには、居住費用が掛からず支出が少なくなりもっとも評価が高くなります。
居住費と育児費用、子供の教育費用は支出項目の中でも大きな割合を占めています。
ここから考えると30代の独身で実家に住んでいる方の属性は評価が高いことがわかります。
・勤務年数
勤続年収が年収よりも重要度が高いことに驚いたのではないでしょうか。
今現在の収入ではなくこれから先返済をしていくための収入が安定を表しています。
確実は返済をするためにはこれから先も変わらず収入があることが必要です。
そのためこれまでの勤続年数は非常に重要な項目です。
5年以上の勤続年数は最も評価が高くなります。
半年から1年ほどの勤続年数では厳しい評価となるでしょう。
銀行カードローンでは審査に通りにくい年数です。
半年未満の勤続年数では年齢にもよりますがこれから先も勤務を続けるかどうかが判断つきかねます。
転職を繰り返して勤続年数が短いと考えられ収入が不安定であると判断されることになるでしょう。
・職種
医師、弁護士、税理士など士業は最も評価が高くなります。
もちろん安定と言えば真っ先に思い浮かぶ公務員も高評価です。
続いて正社員、自営業、派遣社員、パートアルバイトと続きます。
専業主婦や学生、無職など本人に安定した収入がない場合には評価はありません。
配偶者貸付を行っている銀行の場合には専業主婦本人ではなく配偶者が審査の対象となります。
自営業は非常に微妙な場所にあります。
収入をもらうのではなく与える立場であり経営をしている以上、確実な収入があるかと言えば判断できないことが多くなります。
そのため一般的には正社員よりも下、派遣社員よりも上、とされていますがこの場所はその銀行によって若干の違いがあるでしょう。
・勤務先規模
勤務先の規模は本人の安定した収入に直結します。
なぜなら失業や転職、給与削減などのリスクを考えなくてはならないからです。
勤務先の規模が大きければそれだけ高評価です。
もっとも評価が高いのは公務員、そして上場企業となっています。
またこれにクワ手健康保険の種類もあります。
公務員の共済保険が最も評価が高く大手企業の組合保険も高くみられています。
・年収
ここでようやく年収が出てきました。
今の銀行カードローンでは収入証明書類提出のラインが高くなっています。
借入金額100万円未満は収入証明不要、200万円以下、300万円以下不要などその銀行カードローンによって違いがありますが、銀行カードローンの申し込みに際して収入証明書類が不要になっていることが多くなります。
つまり、年収は自己申告になるというわけです。
年収200万円は一つのラインになっていますが、それを鵜呑みにすることができない以上、年収は属性としては重要度が低いことになります。
・居住年数、住居形態
長く住んでいることの評価が高いというよりは居住年数が短いことの評価が低いと言った方が正しいでしょう。
転々としている場合引越費用など大きな金額が頻繁に発生する可能性があります。
また住居形態も重要です。
自己名義の持ち家、家族名義の持ち家など居住費用としての支出がないのであればそれは評価が高くなります。
・電話種別
どのような電話を持っているかも審査に必要とは驚いたのではないでしょうか。
今の時代、固定電話を持っていない方は非常に多く携帯電話しかないという家庭も多いでしょう。
自宅の固定電話は評価が高くなります。
一方携帯電話しかないのであればご存知の通り簡単に解約ができる以上連絡をつける手段としては確実性がないことになります。